お気に入り

シェア

銀座の最新情報をお届けします!

【アート・ギャラリー】銀座なび(銀座ナビ)運営事務局

2024.05.25

東京・銀座のギャラリー「ART FOR THOUGHT」にてCRAFCULTによる展覧会『祭壇-SAIDAN-』を開催

日本の伝統工芸と現代美術を掛け合わせた表現に挑む若手作家を紹介する展覧会シリーズ ”the foundry”(ザ・ファウンドリー)の第5弾!

福岡県八女市にある創業200年の提灯屋「伊藤権次郎商店」の8代目・伊藤博紀が代表を務めるクリエイティブ・ユニット「CRAFCULT」。伝統工芸としてつくる傍ら、提灯の現代的な表現を発表し続けています。



展覧会概要
■展示タイトル
CRAFCULT『祭壇-SAIDAN-』

■会期
2024年5月24日(金)~2024年6月15日(土)
11:00 – 19:00 (土曜日は17:00まで)
※日・月・祝日休廊

※初日・5月24日(金)17:00〜18:30には、アーティスト在廊でオープニングレセプションを行います。皆様のお越しをお待ちしております。
※作家在廊予定日:5月24日(金)・25日(土)、 6月14日(金)・15日(土)

■内容
CRAFCULTは、福岡県八女市にある創業200年の提灯屋「伊藤権次郎商店」の8代目・伊藤博紀が代表を務めるクリエイティブ・ユニット。
今回の新作シリーズ「KUUMON」では、日本の家を表す紋章である「家紋」を “祭壇”で祀りつつ、ポップ・カルチャーと取り合わせることで、再構築しました。
古くから日本人が継いできたものだけれども、現代では希薄となりつつある家紋をキャッチーに表現することで、現代におけるアイデンティティの表象を問題提起しています。
ぜひふるってご鑑賞ください。

(詳細はこちら: https://artforthought.jp/ )
 


■CRAFCULT/クラフカルト
文化十二年創業、福岡県八女市の歴史ある提灯屋「伊藤権次郎商店」の8代目・伊藤博紀が代表を務める。福岡を拠点に、展示会等のイベント企画・運営、飲食店やホテルの演出を行う。
Website: https://crafcult.studio.site/
Instagram: @crafcult_official
(リンク先: https://www.instagram.com/crafcult_official/)



■企画シリーズ “the foundry” (ザ・ファウンドリー)
“The foundry”は、日本の伝統工芸と現代美術を掛け合わせた表現に挑む若手作家を紹介する展覧会シリーズです。元来、日本美術は生活の道具としての側面も持っていました。生活用品や調度品として季節や思想を部屋に取り入れ、日常をそっと異化しふくよかにしてくれるものでした。本シリーズは、繰り返される毎日を豊かに心地よく送るために、そうした暮らしのための実装を現代社会に再提示していく試みです。
銀座は、かつて江戸時代に銀貨を鋳造し生活の潤滑油として浸透させてきた場所でした。日本の伝統技術と現代アートの表現性によって、いまいちど用の美としての日本美術を鋳造していく——そんな静かな挑戦が、はじまります。



■ART FOR THOUGHT (アートフォーソート)
2011年にスタートし13年目を迎えた東京・銀座のギャラリー。
2023年7月にリニューアル・オープンし、ギャラリースペースとECページを拡充。
より多くの方に、鑑賞体験と作品購入の機会を提供していきます。

住所:中央区銀座8-10-4 和孝銀座8丁目ビル1階
ウェブサイト(ECサイト):https://artforthought.jp/




 
  • 【アート・ギャラリー】銀座なび(銀座ナビ)運営事務局

    【アート・ギャラリー】銀座なび(銀座ナビ)運営事務局

    アート・ギャラリー・ギンザナビウンエイジムキョク

  • 〒104-0061 東京都中央区銀座7-14-3 松慶ビル6F

    TEL:03-6260-6680

    FAX:03-6260-6630

  • 詳しく見る
【銀座・有楽町】アンテナショップ特集
 

 
  友だち追加

 

TEL:03-6260-6680

INFOインフォメーション

  • 【アート・ギャラリー】銀座なび(銀座ナビ)運営事務局
  • ■名称

    【アート・ギャラリー】銀座なび(銀座ナビ)運営事務局
  • ■フリガナ

    アート・ギャラリー・ギンザナビウンエイジムキョク
  • ■住所

    〒104-0061 東京都中央区銀座7-14-3 松慶ビル6F
  • ■TEL / FAX

    03-6260-6680  / 03-6260-6630
  • 詳しく見る

CATEGORY記事カテゴリ

NEW新着記事