お気に入り

シェア

文房具からコスメ、キャラクター雑貨などを取り扱う生活雑貨の専門店

銀座ロフト

2022.10.05

ロフコト雑貨店【お米のまわり】「炊く」「仕上げる」「食べる」をキーワードに「お米のまわり」を見つめてみると、さまざまな道...

ロフコト雑貨店【お米のまわり】

「炊く」「仕上げる」「食べる」をキーワードに
「お米のまわり」を見つめてみると、
さまざまな道具があることに気づく。
道具の機能を知ると、日々の「ごはん時間」が
楽しくなるものばかり。

●仕上げる/FINISH UP

★おひつ

炊き上がったごはんを保存する容器・おひつ。
木製や陶器製、ステンレス製のものなどがあり
古くからある木製のおひつは、木の調湿機能で
ごはんの水分を保ち乾燥しにくいのが特徴。
使いやすさから選ぶのもおすすめ。

♦︎おひつがお弁当箱に
『谷川木工芸』のおひつ

1955年にすし桶製造所として創業した
香川県の『谷川木工芸』。国内産の杉を使用して
職人が手づくりした「讃岐弁 もらん」は
同社のロングセラーであるおひつを
お弁当箱サイズにしたもの。

★晒

布巾に比べて薄く、吸水性が高く乾きやすい布、晒。
蒸し布・濾し布としてのほか、おひつとセットで
使うことで、お米の乾きや滑りを抑えてくれる。
お皿を拭く布巾や掃除用の雑巾としても活躍する便利な布。

♦︎何役もこなして繰り返し活躍
『武田晒工場』の晒

1911年に大阪府堺市で創業した
『武田晒工場』が手がける和晒ブランド「さささ」。
肌触りの良いロールタイプの和晒で、
ミシン目のあり・なしの2パターンがある。
好きな長さでカットして「さささっと」使ってみて。

   
   
  

 



#ロフコト雑貨店 #ロフト #loft #ソトコト #sotokoto #ローカル #食 #フード #サスティナビリティ #サステナブル #ライフスタイル #おひつ #谷川木工芸 #香川 #香川県 #晒 #和晒 #さささ #大阪 #堺市 #米 #お米 #お米生活 #お米を炊く #銀座ロフト #銀座

※本ニュースはRSSにより自動配信されています。
本文が上手く表示されなかったり途中で切れてしまう場合はリンク元を参照してください。
  • 銀座ロフト

    銀座ロフト

    ギンザロフト

  • 〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目4-6 銀座ベルビア館1~6階

    TEL:03-3562-6210

    FAX:

  • 詳しく見る
TEL:03-3562-6210

INFOインフォメーション

CATEGORY記事カテゴリ

NEW新着記事




習い事・教室・ワークショップ・セミナー特集


神社・パワースポット特集