お気に入り

シェア

銀座の最新情報をお届けします!

【観光・娯楽・観劇】銀座なび(銀座ナビ)運営事務局

2022.04.28

5月3日オープン アートアクアリウム美術館 GINZA展示エリアとコラボレーションの内容を公開

2022年5月3日に銀座三越内にオープンする「アートアクアリウム美術館GINZA」では、「百華繚乱~進化するアート~」をテーマに掲げ、これまでのアートアクアリウムの世界観に新たな息吹をもたらした展示内容で華やかな幻想世界を生み出します。
今回はオープンに先立ち、各展示エリアのコンセプトと、アートアクアリウム史上初となる様々なアーティストとのコラボレーション内容を公開します。
【■公式HP:http://artaquarium.jp/】 
 



・展示エリアコンセプト 
百華繚乱~進化するアート~というテーマのもと、館内ではエリアごとにコンセプトを設け、それぞれの華やかな幻想世界をお楽しみいただけます。

静寂閑雅
アートアクアリウムの幻想世界への入り口です。春日大社に代表される万燈籠とそこに連なる永続的な金魚の回廊が皆様をお迎えします。
飛耳長目
人の世で生れた、自然には存在しなかった金魚たち。その美しい姿を蒐集する文化を表現します。
落花流水
都会の中心に創り出された’滝’。都会の喧騒を忘れ、滴る水の美しさを愛でる一時をお過ごしください。
百華繚乱
花を華に置き換えて。無限に広がる色とりどりの華やかな金魚たち。光と色との交錯を日本伝統文化の折り紙の表現で再構築しました。
竹林七賢
静けさを軸とした荘重な空間を、連なる提灯と竹林で構成して知が昇華する清らかな場を提供します。
花鳥風月
今回より、様々な分野で活躍するアーティストとのコラボレーションを順次開始します。第一弾は華道家仮屋崎省吾氏をお迎えし、フラワーリウムを公開します。
千客万来
アートアクアリウム美術館の想い出をお持ち帰りいただくために、日本を代表する老舗店とのコラボ商品を含め、ここでしか購入できない逸品の数々をご用意しました。 



・展示作品(一部公開) 
「アートアクアリウム美術館 GINZA」では、より華やかな空間の演出により、それぞれのエリア自体を作品として作りあげております。空間全体で華やかな幻想世界をお楽しみください。

今回は、これまでの展覧会でも人気が高かった作品を進化させた注目作品を公開いたします。多数の新作展示もありますが、新しい表現によって彩られたこれらの作品についても、ぜひご期待ください。

金魚の回廊
“静寂閑雅”エリアに展示されるこちらの作品では、無数の金魚が舞い泳ぎ光り輝く水柱で回廊を表現しました。いままでのアートアクアリウムにはない新しい表現で、空間自体を作品としてお楽しみいただけます。
 



新金魚品評
“百華繚乱”エリアに展示されるこちらの作品は、「金魚品評」が進化した作品です。この作品では、光と色との交錯を日本伝統文化の折り紙の表現で再構築しました。進化した金魚品評の新しい演出が織りなす百華繚乱の世界をご体感ください。
 



・アーティストコラボレーション企画 第一弾 
アートアクアリウム美術館 GINZAでは、アートアクアリウム史上初となる、様々な分野で活躍するアーティストとのコラボレーション作品を展示します。

第一弾のコラボレーションには、日本を代表する華道家・假屋崎省吾氏をお迎えしました。
華道歴40年を迎えられる假屋崎省吾氏と、15年を数えるアートアクアリウムが、それぞれの記念の年に実現したコラボレーションを盛り上げるべく、期間中はイベントなども行う予定です。

■假屋崎省吾×フラワーリウム
アートアクアリウムという唯一無二のアートと、日本の伝統美術の共演による進化したアートの表現を目指し、日本を代表する華道家である假屋崎省吾氏とのコラボレーションが実現しました。アートアクアリウムではこれまでも“花”をテーマにした作品を展示してきましたが、華道家による生花を用いた演出は初めての試みです。静のいけばな、動の金魚という、対極にありながらも、混ざり合い、相乗される至上の美が、皆様をお迎えいたします。
アートアクアリウムの幻想的な世界観と、假屋崎省吾氏の繊細かつ大胆な作風と独特の色彩感覚のコラボレーションをぜひお楽しみください。

●フラワーリウム
今回、假屋崎省吾氏に演出を手掛けていただく“フラワーリウム”は、アートアクアリウム美術館 GINZAで初公開となる新作です。花瓶に見立てた水槽のなかを金魚が舞う作品です。
 

【假屋崎さんコメント】
金魚&假屋崎省吾の世界初のコラボレーション企画ということで、期待に胸をふくらませております。金魚と花、この世が生みだした完成された美をどのように共演できるか私自身も本当に楽しみで仕方ありません。世界に誇る日本の芸術、金魚といけばなの世界初のコラボレーションをご来場の皆さまにぜひご堪能いただければと存じます。

●假屋崎省吾(かりやざき しょうご)プロフィール
元祖華道家。「美をつむぎだす手を持つ人」と評され、明仁天皇御退位・徳仁天皇御即位の番組スタジオ装飾、G20軽井沢・歓迎モニュメント制作、花博覧会のプロデュースなどを担当。女子美術大学・客員教授、フランス観光親善大使、オランダチューリップ大使などを務め、着物、ジュエリー、ガラス器などのデザイン・プロデュースを手掛ける。花と建物のコラボ個展“歴史的建築物に挑む”を開催。「花育」「少子化問題」「伝統工芸品の振興促進」などの地域活性を促す活動も取り組み、華道歴40年を迎え益々活躍の場を広げている。6月、假屋崎省吾 花教室・銀座校、開校予定。



・楽曲提供 
「アートアクアリウム美術館 GINZA」の会場を演出する音楽は、作曲家・コーニッシュ氏にオリジナル楽曲を提供していただきました。繊細かつ神秘的な音楽が、非日常の感覚を刺激します。アートアクアリウムの幻想世界を、耳からもお楽しみください。
 

【コーニッシュさんコメント】
音楽を書かせていただき大変光栄に思っております。空間を彩る音楽を創るにあたって「金魚」の二面性に注目しました。小さきものが持つ儚さの反面、鯉のような大きさにまで成長する怪力乱神ぶりや、又、人為的に作られたものでありながら自然物のように振る舞い人々の心を離さない魅力など、幾重にも相反する概念を秘めた不思議な生き物と捉えました。作曲は照明と香りと共に神秘を辿り、幻想の類いを探し纏わせる旅となり、得難い経験となりました。是非何方にもお聴き頂きたく存じます。苦難の時代に於かれまして本展がひとときのオアシスと成ることを心からお祈り申し上げます。

●コーニッシュ プロフィール
TBS『ひるおび!』メインテーマ曲は14年経っても色褪せることなくお茶の間に広く浸透した隠れた名曲となっている。これまでに“北野武”氏出演時代の「新・情報7DAYSニュースキャスター」、“冲方丁”氏原作の映画「マルドゥック・スクランブル」(第24回日本SF大賞作品)、“大友克洋”氏著作のアニメ「ヒピラくん」(NHK Eテレ)、ポケットモンスターのアニメ「薄明の翼」の音楽を担当。”アートと音楽”の主宰プロジェクト『音観』では世界的に著名な彫刻家の“武藤順九”氏、日本を代表する資生堂のヘアメイクアップアーティスト“原田忠”氏とコラボ。年初リリースのデジタルEP『Reverend』は好評を博している。



施設概要
名 称:アートアクアリウム美術館 GINZA
開館日:2022年5月3日(火・祝)
入場料:
WEBチケット  2,300円 https://ticket.artaquarium.jp/
当日券  2,400円
所在地:銀座三越 新館8階 (東京都中央区銀座4-6-16)
アクセス:東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」直結
入場方法:
新館9階 銀座テラスからのご入場となります。
新館エスカレーターまたは、本・新館のエレベーターで9階までお越しください。
(本館エスカレーターでは直接9階までお越しいただくことはできません)
営業時間:10:00~19:00(変更になる場合がございます)
休館日:銀座三越の休館日に準ずる(加えて、メンテナンス等により不定期で休館の場合がございます。詳しくは公式サイトをご確認ください。)
公式HP:http://artaquarium.jp/
安全対策:ご来場いただくゲストの皆様とスタッフの感染対策を徹底し、適切な新型コロナウイルス対策を講じたうえでオープンいたします。
ご注意事項:
ベビーカー、スーツケースの持ち込み、ペットを連れての入場はできません。
お荷物用のロッカーはございません。






 
  • 【観光・娯楽・観劇】銀座なび(銀座ナビ)運営事務局

    【観光・娯楽・観劇】銀座なび(銀座ナビ)運営事務局

    カンコウ・ゴラク・カンゲキ・ギンザナビウンエイジムキョク

  • 〒104-0061 東京都中央区銀座6-16-12 丸高ビル

    TEL:03-6260-6680

    FAX:03-6260-6630

  • 詳しく見る
【銀座・有楽町】アンテナショップ特集
 

 
  友だち追加

 

TEL:03-6260-6680

INFOインフォメーション

  • 【観光・娯楽・観劇】銀座なび(銀座ナビ)運営事務局
  • ■名称

    【観光・娯楽・観劇】銀座なび(銀座ナビ)運営事務局
  • ■フリガナ

    カンコウ・ゴラク・カンゲキ・ギンザナビウンエイジムキョク
  • ■住所

    〒104-0061 東京都中央区銀座6-16-12 丸高ビル
  • ■TEL / FAX

    03-6260-6680  / 03-6260-6630
  • 詳しく見る

CATEGORY記事カテゴリ

NEW新着記事