お気に入り

シェア

銀座の最新情報をお届けします!

【アート・ギャラリー】銀座なび(銀座ナビ)運営事務局

2024.02.08

【銀座 蔦屋書店】美術家 長坂真護、2024年初となる個展「STILL A BLACK STAR “Think Tank Of Freedom & Justice”」を2月17日(土)より開催。

 
 
《Made in capital》(2023)

特集ページ|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/38100-1300560105.html

銀座 蔦屋書店(東京都中央区 GINZASIX 6F)は、2月17日(土)から2月27日(火)の期間、店内イベントスペースGINZA ATRIUMにて、美術家・長坂真護の展覧会「STILL A BLACK STAR “Think Tank Of Freedom & Justice”」を開催します。



・概要 
ガーナのスラム街には、先進国が捨てた電子機器を燃やして生計を立てている人がいる―。美術家・長坂真護は、初めてガーナを訪れたときに目にしたその状況に衝撃を受けたことをきっかけに、廃棄物を素材にした創作活動を開始しました。以降、2018年よりガーナの国旗からインスパイアされたタイトル「Still a Black Star」を掲げた展覧会を続けています。20世紀になって最初に独立を勝ち取ったアフリカの国、ガーナ。国旗中央の黒い星は「アフリカの自由」をめざす象徴としてデザインされています。しかし長坂の目に映ったスラム街の光景は、自由や豊かさからほど遠いものでした。タイトルに込めた「まだ黒い星」とは、今まだ人々が輝きのある暮らしを実現できていない国の状況を表現しています。そして、この黒い星を輝かせるまで活動を止めない、そんな長坂の強い意志が込められています。積極的に現地での雇用を創り出しながら経済・文化・環境(社会貢献)の3軸が好循環する新しい資本主義の仕組み「サステナブル・キャピタリズム」の実践を行う長坂は、アーティスト活動と同時に経営者として現地のアーティスト支援としてのギャラリー運営、リサイクル工場、オーガニック農園、EV事業の4事業を展開しています。
本展ではテーマを “Think Tank Of Freedom & Justice” -自由と正義の研究機関- とし、先進国から大量に寄付された廃棄衣料を利用した新作をはじめ、”世界平和に向けみんなで黒い星を運んでいる”というテーマの「Transporter」シリーズの新作も発表。全30点以上の平面および立体作品を展示します。2024年初開催となる個展にぜひご期待ください。
 
 
真実の海(2023年)
 
 
月への集い(2023年)



・アーティストステートメント 
昔誰かが、僕にこう言いました。「スラムを自立させることは不可能だ」と。
僕の一人で始めた挑戦を笑う方々もいました。

しかし、どうでしょう。今も43名の若いスラムの労働者たちがスラム撲滅の目標達成のために一生懸命働いています。我々の目標はスラム撲滅、この街に住む一万世帯全域にサステナブルで健全な仕事を提供することに尽力します。
もし一万人に健全な雇用を我々が提供できれば、この街全体の雇用につながります、現在の雇用は43名、一万人の雇用に対して達成率0.43%。

我々は微力だが、無力ではない。1日1日を積み重ね、一人一人の雇用創生に注力し、不可能を可能にすべく、やがて99.57%の民へサステナブル雇用を提供できるよう尽力します。

必ずや皆で、前人未到のスラム撲滅をやってのけます!
本個展のタイトルでもある、ガーナの黒い星を輝かせるまで、僕は絵を描くその手を止めません。僕が絵を描けば描くほど、スラムのゴミが減ります。そして売れれば売れるほど、スラムにサステナブルな事業投資を繰り返します。すると、スラムの環境はよくなり、新しいサステナブルな雇用も創生できます。1万人雇用を創生し、アグボグブロシーの環境問題を解決し、スラム撲滅へ、そして世界一の画家を目指して。 

2024年1月吉日 美術家 長坂 真護



・プロフィール 
長坂 真護(NAGASAKA MAGO)
 

美術家
MAGO CREATION株式会社 代表取締役
MAGO MOTORS JAPAN株式会社 代表取締役
MAGO MOTORS LTD CEO
iU 情報経営イノベーション専門職大学 客員教授

1984年生まれ。2017年6月、ガーナのスラム街・アグボグブロシーを訪れ、先進国が捨てた電子機器を燃やすことで生計を立てる人々と出会う。以降、廃棄物で作品を制作し、その売上から生まれた資金で現地にリサイクル工場建設を進めるほか、環境を汚染しない農業やEVなどの事業を展開。経済・文化・環境(社会貢献)の3軸が好循環する新しい資本主義の仕組み「サステナブル・キャピタリズム」を提唱し、スラム街をサステナブルタウンへ変貌させるため、日々精力的に活動を続けている。2022年9月、東京「上野の森美術館」にて自身初となる美術館個展を開催。同年11月、第51回ベストドレッサー賞、学術・文化部門受賞。ガーナに「MAGO MOTORS LTD」を設立し、現在ガーナ人43名が働いている。(2023年12月時点)



・販売について 
会場展示作品は、2月17日(土)11:00より受付開始します。アートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」では、一部の作品を2月17日(土)11:00より2月27日(火)18:00の期間、販売します。
※プレセールスの状況により、会期開始前に販売が終了することがあります。



・展覧会詳細 
長坂 真護「STILL A BLACK STAR “Think Tank Of Freedom & Justice”」
会期|2024年2月17日(土)~2月27日(火)
※2月26日(月)は、GINZA SIXの全館休業日となります。
時間|11:00~20:00 ※最終日のみ18時閉場
会場|銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM(イベントスペース)
主催|銀座 蔦屋書店
協力|和田画廊、MAGO CREATION Inc.
入場|無料
お問い合わせ|03-3575-7755(営業時間内)/info.ginza@ccc.co.jp
特集ページ|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/38100-1300560105.html



・銀座 蔦屋書店 
本を介してアートと⽇本⽂化と暮らしをつなぎ、「アートのある暮らし」を提案します。
 
 
© 2017 Nacasa & Partners Inc. all rights reserved.

住所|〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
電話番号|03-3575-7755
営業時間|店舗ホームページをご確認ください。
ホームページ| https://store.tsite.jp/ginza/
Facebook|https://www.facebook.com/GINZA.TSUTAYABOOKS/?ref=bookmarks
Twitter|https://twitter.com/GINZA_TSUTAYA
Instagram|https://www.instagram.com/ginza_tsutayabooks/




 
開催日 2024.02.17 、2024.02.27

MAP開催場所

  • 【アート・ギャラリー】銀座なび(銀座ナビ)運営事務局

    【アート・ギャラリー】銀座なび(銀座ナビ)運営事務局

    アート・ギャラリー・ギンザナビウンエイジムキョク

  • 〒104-0061 東京都中央区銀座7-14-3 松慶ビル6F

    TEL:03-6260-6680

    FAX:03-6260-6630

  • 詳しく見る
【銀座・有楽町】アンテナショップ特集
 

 
  友だち追加

 

TEL:03-6260-6680

INFOインフォメーション

  • 【アート・ギャラリー】銀座なび(銀座ナビ)運営事務局
  • ■名称

    【アート・ギャラリー】銀座なび(銀座ナビ)運営事務局
  • ■フリガナ

    アート・ギャラリー・ギンザナビウンエイジムキョク
  • ■住所

    〒104-0061 東京都中央区銀座7-14-3 松慶ビル6F
  • ■TEL / FAX

    03-6260-6680  / 03-6260-6630
  • 詳しく見る

CATEGORY記事カテゴリ

NEW新着記事