お気に入り

シェア

銀座の最新情報をお届けします!

【アート・ギャラリー】銀座なび(銀座ナビ)運営事務局

2019.07.10

ケアベア™展 ~心ときめくカラフルワールド~【松屋銀座】

松屋銀座では、2019年8月8日(木)から8月26日(月)まで、アメリカでグリーティングカードの挿絵原画として描かれた可愛らしいベアたちの、初の大規模原画展「ケアベア™展~心ときめくカラフルワールド~」を開催いたします。
 

ケアベア™展 メイン挿絵原画(1984年)
Care Bears™ and related trademarks: TM & © 2019 Those Characters From Cleveland, LLC


ケアベア™とは、ふだんは「Care-a-Lot」(ケア・ア・ロット)という雲の上の国に住んでいて、子供たちが安心して成長出来るように見守っています。ケアベア™たちは、一人ひとりが違った使命をもっていて、子供たちが大切な心を忘れた時には「ケア」(Care)にやってくるというストーリーです。1982年に、アメリカのカード会社「アメリカン・グリーティングス社」により、グリーティングカードの挿絵として誕生、のちにアメリカをはじめヨーロッパ、アジアなど世界各国で、その可愛い表情や色づかい、得意なことや役割を表すおなかのシンボルマーク(全部で60種類以上)が人気となり、子供から大人まで愛される存在になりました。


ケアベア™初ユニット《セブンベアーズ》
 

Care Bears™ and related trademarks: TM & © 2019 Those Characters From Cleveland, LLC


本展は、アメリカの権利元の全面協力を得て、ケアベア™誕生から現在にいたるまでの、グリーティングカードの貴重な挿絵原画約200点を一堂に集めて公開いたします。また、色彩豊かで幸福感がいっぱいのケアベア™の世界を表現したフォトスポットも登場。グッズコーナーでは、原画をモチーフとした展覧会グッズや、展覧会開催を記念して誕生した新ベア「スパークルハートベア™」のぬいぐるみ、ステーショナリーなども販売。さらに、これまでに登場した仲間たちの中からケアベア™初となるユニット「セブンベアーズ」が誕生! 


日本の展覧会記念のオリジナル「スパークルハートベア™」
 
 
Care Bears™ and related trademarks: TM & © 2019 Those Characters From Cleveland, LLC


スパークルハートベア™初登場!日本で開かれる展覧会を記念して、新ベアのスパークルハートベア™が誕生しました。お腹のマークはハートとダイヤモンド。ハートのようなやさしさで人々を包み込み、永遠の輝きを放つダイヤモンドのように、世界中の平和と人々の絆を固く守ります。


「 ケアベア™展~心ときめくカラフルワールド~」
会期:2019年8月8日(木)~8月26日(月) 会期中無休
時間:10時~20時(8月12日(振・月)・18日(日)・25日(日)は19時30分閉場、
最終日は17時閉場/入場は閉場の30分前まで)
会 場:松屋銀座8階イベントスクエア
主催:ケアベア™展実行委員会
入場料:一般800円(600円)、高校生600円(500円)、小中学生400(300円)、
( )内は前売り料金
前売り:ヤフーパスマーケット、ローソンチケット(Lコード:33732)で8月7日(水)まで販売
問合せ:松屋銀座03-3567-1211(大代表)





情報発信元 : 株式会社松屋
情報発信日時: 2019年7月10日
プレスリリース資料: 詳細情報
 
  • 【アート・ギャラリー】銀座なび(銀座ナビ)運営事務局

    【アート・ギャラリー】銀座なび(銀座ナビ)運営事務局

    アート・ギャラリー・ギンザナビウンエイジムキョク

  • 〒104-0061 東京都中央区銀座6-16-12 丸高ビル

    TEL:03-6260-6680

    FAX:03-6260-6630

  • 詳しく見る
【銀座・有楽町】アンテナショップ特集
 

 
  友だち追加

 

TEL:03-6260-6680

INFOインフォメーション

  • 【アート・ギャラリー】銀座なび(銀座ナビ)運営事務局
  • ■名称

    【アート・ギャラリー】銀座なび(銀座ナビ)運営事務局
  • ■フリガナ

    アート・ギャラリー・ギンザナビウンエイジムキョク
  • ■住所

    〒104-0061 東京都中央区銀座6-16-12 丸高ビル
  • ■TEL / FAX

    03-6260-6680  / 03-6260-6630
  • 詳しく見る

CATEGORY記事カテゴリ

NEW新着記事